伯方の塩で漬けた紀州南高梅(ご家庭用)

私の畑の中でも、「20歳未満の南高梅の畑に限定」し、そこで採れた「旬の完熟南高梅」を、「伯方の塩」だけ(100%)を使用して、贅沢に漬けました。
それを、秋に天日干しをして仕上げています。

20歳未満の南高梅の畑に限定した理由は、やはり30歳を超す木と20歳未満の木では、品質が変わってくるからです。

また、伯方の塩は非常に高価ですが、一般の塩と違い「にがりや海水のミネラル分」が含まれており、塩味がマイルドです。
焼き魚などに使うと非常に美味しい伯方の塩で、梅干しを作ってみるとどうかと思い試してみました。

するとやはり、塩味にカドがないマイルドで、やわらかい最高の梅干しに仕上がりました。

梅農家が漬ける段階(一次加工)で100%自然塩を使った梅干しは、私は他に見たことがありません。

天日干しは、真夏が良いと言われていますが、最近の夏は梅の天日干しには日差しが強すぎます。
日差しが弱くなった秋に、長い日数をかけて干す方が、上質に仕上がると考えています。

中身は、伯方の塩で漬けた紀州南高梅(木樽入り)と全く同じ物です。
プラスチック容器で、食卓に置いていただけると思います。
私の自信作です。是非ご賞味下さい。

内容量:900g
原材料:梅(紀州南高梅)、伯方の塩

※梅と塩だけの、白干(しらぼし)の梅干しです。甘い梅干しではありません。
※ご提供のサイズは「中粒」になります。
※塩分は、約18%で漬けております。
※複数購入される方で1個ずつ箱に入れる必要がある場合は、備考欄にご入力下さい。
販売価格
2,980円(内税)
購入数